アートメイクにはデメリットがあることを理解しておこう

アートメイクは皮膚の浅い部分に、医療用の針を用いて色素を注入していく方法

アートメイクというとタトゥーと同じ施術とイメージしている人は多いですが、タトゥーは皮膚の真皮層にインクを入れていく方法でターンオーバーの影響を受けにくいことから一度施術を行えば永久に消えることはありません。
しかしアートメイクは皮膚の表皮層と呼ばれる浅い部分に、医療用の針を用いて色素を注入していく方法なので、肌のターンオーバーが行われるたびにだんだん退色していく特徴を持っています。
このアートメイクは眉やアイラインなど、通常はメイクで描く必要がある部分をあえて皮膚に色素を注入してしまうことにより、メイクをしなくてもナチュラルで美しい仕上がりにすることが出来るメリットがあるとして、芸能人やモデルを中心に流行しています。
従来のべったりとした塗りつぶしの眉とは異なり、眉毛を一本一本描いていく方法となっているので、仕上がりが非常にナチュラルですっぴんでもきれいな状態が続くことからこの施術を受ける女性が近年増加中です。
眉だけではなくアイラインの上下や、リップ部位など様々な部位に施術が受けられるようになっており、最近では美容の分野だけではなく無毛症やがん治療の副作用で悩んでいる方や、乳輪や頭皮、傷跡などをカバーする医療現場での施術の一つとしても注目されます。
医療行為のため信頼のおけるクリニックに相談をして施術を受けるという方も多いです。
様々なメリットを得ることが出来るアートメイクですが、施術を受ける上でデメリットがあることもきちんと理解しておくことも大切です。
特に多くの方が勘違いしてしまっているのが、タトゥーのように一度施術を受ければ色素がきちんと残ってきれいな状態を長期間維持することが出来るという点です。
アートメイク自体は皮膚のごく浅い部分に色素を入れているので、個人差はありますが一般的に2〜3年で薄くなっていきます。
特にオイリー肌や汗をかきやすい人、体の代謝機能が高いという方は肌のターンオーバーも活発なので、施術を受けても持続期間は短くなってしまうデメリットがあります。
そのため数年ごとにメンテナンスをしていく手間がかかることを理解しておきましょう。

アートメイク?
やってるww
眉毛楽だよ~(*^^*)
マツエク付けたらすっぴんでも大丈夫ww

— ふぅ~ゃん (@happy0606fumika) January 31, 2019

アートメイクは皮膚の浅い部分に、医療用の針を用いて色素を注入していく方法一度施術を行えばすぐに消すこともできないデメリットがあります施術を受ける前にMRI検査が可能か必ずクリニック側に確認することが重要