アートメイクにはデメリットがあることを理解しておこう

一度施術を行えばすぐに消すこともできないデメリットがあります

アートメイク デメリットよくある質問|アートメイク専門のグロウクリニック

アートメイクは皮膚の浅い部分に、医療用の針を用いて色素を注入していく方法一度施術を行えばすぐに消すこともできないデメリットがあります施術を受ける前にMRI検査が可能か必ずクリニック側に確認することが重要

個人のライフスタイルによっても影響をうけやすいため、普段から激しい運動を毎日おこなっていたり、温泉やサウナに行くことが多いという方も皮膚上でインクが拡散しやすくなるので結果としてメンテナンスの回数が増えるといわれています。
表皮層への色素の注入によって、タトゥーのように永遠に消えないということはありませんが、一度施術を行えばすぐに消すこともできないデメリットがあります。
せっかく施術を受けたけれど、自分が思ったような仕上がりにならなかったという場合にはすぐに元の状態に戻す修正は行なえません。
どうしても消去したいという場合は、レーザー治療や皮膚切開術を行い、数回に分けて消去を行う手間がかかりますし、何より施術の入れ方は人によって全く異なるため、深さや染料の種類、体質によって100%色素を残さずに消去することは出来ないと理解しておきましょう。
もし消去することができても体質やアフターケアの問題によって肌がケロイド状態になってしまったり、跡が白く残ってしまうトラブルも起こる可能性がありますし、消去にかかる料金は元の金額よりも数倍の時間と料金がかかることも施術を受ける上のデメリットになります。
アートメイクを受けた後は、肌が傷ついた状態になっています。
感染症を避けるためにも不衛生な手で触ることは避けるようにしましょう。
アイラインや眉の施術ではめったに発症することはないといわれていますが、唇の部位の場合は予防しない場合は保菌者の約90%がヘルペスを発症するといわれているので、医師の説明をきちんと受けた上で適切に肌の管理をする必要があります。